« お知らせ | トップページ | 初診の方へお知らせ »

2020年5月11日 (月)

5月17日と5月23日に行われる小樽狂犬病集合注射には行かないでください。小樽市内動物病院で接種ができます。

令和1年度の集合注射では、各会場あたり20分程度の滞在で来てくれた飼い主さんは

平均16.4人です。

ここに保健所の職員が4人獣医師が2人。

これが34か所繰り返されます。

つまり20数人の新型コロナウイルスの感染の可能性を34回繰り返すことになります。

 

限られた時間の中で、書類の受け渡し、お金の受け渡し、獣医師と飼い主さんの近距離での問診に都度の消毒、手洗いは不可能です。

 

5月17日と5月23日に行われる小樽狂犬病集合注射には行かないでください。小樽市内動物病院で接種ができます。

動物病院内での感染の可能性も十分にあります。

ただし緊急事態宣言が出ている今、実施することは適切ではありません。

狂犬病注射は令和3年2月までに行えば動物たちにも人間たちにも何も問題ありません。

« お知らせ | トップページ | 初診の方へお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせ | トップページ | 初診の方へお知らせ »